ナンピン

とうとう針を研ぐまで•••• - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう針を研ぐまで••••

この秋から始めた小物釣り。

最初に針の研ぎなんて絶対やらないでおこうと思ってました。

めんどくさいし、自分でヤスリを当てたところで今の化学研磨のポイントの鋭さを超えることができないから。

でも、タナゴ(大陸バラタナゴ)を狙ってみると市販のタナゴ針の針先でもデカすぎる。

魚は居るのに掛からないこともたくさん••••

そこで針先が少しなまった針のリサイクルも込めて研いでみたところ、始めると楽しいことに気づきました。

毛針用のバイスや鉗子、いいヤスリもあるので思ったよりも早く綺麗に削れるみたいです。

凝る方はバーブ(返し)まで考えて研がれるようですが、自分はバーブレス(スレ針)が好みなので研ぎの難易度がずっと下がります。

とうとう禁断の針研ぎまで始めてこの先どうなるんでしょう?

とりあえずオカメタナゴ(タイバラ)が束で釣れるように腕を磨きたいと思います。



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

小さいアタリ

こんにちは
小物を釣っていると乗らないアタリが有りますよね(汗)
こんな時確かに針先が小さければと思います♪
いつかは私も研ぎ出すのかな(笑)

2013-12-05 15:48 | from 山女魚

山女魚さん

のらない当たりって本当に多いですよね。
打率で言えば3割って感じですね^_^
いつかは片手で一束ぐらい釣って見たいですね^_^!

2013-12-08 10:20 | from 吉茸

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/807-9b4d0e9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。