ナンピン

Guts CB小物万能 日和 150 実釣インプレ - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guts CB小物万能 日和 150 実釣インプレ

Guts CB小物万能 日和 150の実釣インプレを紹介したいと思います。

このGuts CB小物万能 日和 150は近所で遊べる手軽な釣り用にと思って購入したものです。

小物竿って安物か、もしくは趣味性が高いもう少し高額な商品か、はたまたディープな竹竿の世界へどっぷりつかるか・・・・

そんな感じなんだと思います。


このGuts CB小物万能 日和 150は実売2000円以下で購入可能でまあそこそこデザインもいいので気に入っています。

もちろん、低価格な商品なので塗装の塗りはそれなり、塗装も薄いみたいです。

この辺りは以前から愛用しているてんから兄弟と同じですね。

・テンカラロッド 下野(しもつけ) Guts てんから兄弟の軽いインプレ
http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/blog-entry-745.html

・テンカラロッド 下野(しもつけ) Guts てんから兄弟の軽いインプレ 実釣編
http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/blog-entry-756.html


調子は硬調、カーボン含有は98%なので振り調子は比較的竿ブレも早く収まります。

また、先調子みたいですが先っぽだけ妙にやわらかくないのも気に入りました。

また魚を掛けると20㎝ぐらいのギルや小鮒がかかっても負けいないぐらいのトルクもありますよ。

もちろん、3㎝ぐらいのクチボソがかかっても楽しめるのも好印象ですね。


値段の割には調子の良さの理由ですが、Guts CB小物万能 日和 150の仕舞寸法が53㎝ってところも大きいと思います。

固いカーボンでこれ以上短い仕舞寸法を短くすると無理がでてきるでしょうから。

実際に大橋釣具ではでは下野ブランドで仕舞寸法の短い超小継 振出小物 都 120M/120H/150Mって製品をリリースしているのですがそちらのカーボン含有率は40%弱ぐらいに抑えてあります。

さすが関東が地元で淡水の釣りが得意なメーカーだなと思います。


個人的にはとても気に入っているGuts CB小物万能 日和 150ですが欠点といえば小物竿として仕舞寸法が長いこと。

最初は近所の多摩川でクチボソなどと遊べばいいと思っていたのですがこのごろ少しタナゴにも手を出し始めたのでちょっと超小継 振出小物 都も気になっています。

超小継 振出小物 都の実売価格は4000円程度みたいなので財布に余裕があれば手に入れてみたいですね。

または釣り味のいいグラスも捨てがたいのでグラスのGuts 小物万能 霞を買って自分でカスタマイズするのも楽しそうですね。


最後は実釣インプレから脱線してしまいました、すいません・・・・

そうそう、昨日のブログに書いた鉄腕DASHに登場した天野勝利さんは下野のインストラクターとして有名ですね。

・鉄腕DASH テンカラ釣り!
http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/blog-entry-794.html





ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/795-679c597c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。