ナンピン

11月18日 桂川通年区間 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月18日 桂川通年区間

11月18日の日曜日、新進気鋭の若手本流師のモノ君「渓を歩く http://ameblo.jp/ra-a-noro-hi-09」へ同行をお願いして桂川へ行って来ました。


高尾駅で待ち合わせの予定がちょっとしたハプニングで大月駅集合とあいなりましたが天候も前日の雨とはうってかわってカラッと晴れて、少し冷たい風が頬をなぜて気持ちいいですね。

ちょうど大月駅からは岩殿山が綺麗に見え、今日はなんか釣れそうな予感•••


遅めの到着なので本命ポイントへ直行すると前日の雨もあって川の水は薄茶色。

川のあちこちでピチャピチャライズがありますが実はほとんどちびっ子ウグイ。

テンカラの毛鉤にも飽きない程度に反応してくれてしばらくウグイと戯れました。


ただここのウグイの不思議なところは24番とかミッジサイズへの反応は良くなくて、12番にばっかり掛かります。

活性が高いのか餌の大きさを選り好みしてるのかわかんないですけどね•••


ウグイ相手に4時間ぐらい遊んでると飽きてきたのでモノ君からメメズを貰ってテンカラ竿のままエサ釣り開始。

暫くするとヒレピンの30センチのニジマスが遊んでくれました。

このニジマスには久しぶりに脂ビレの感触を楽しませてもらいました。

ヒレピンの野生化したニジマスとのやり取りはヤマメや岩魚とは違って楽しいですね。


ちなみにモノ君ですがこの釣行では45cmぐらいのマッチョなニジマスとけっこうでかい鯉を掛けておりました。

ちなみに前回の同行の際も綺麗なブラウン掛けてましたのでここのポイントで釣れるほとんどの種類の脂ビレを釣ったことになります。

釣法は違えど上手い釣り人と一緒に釣りをすると勉強になりますね・・・・


東京近郊ながらオフシーズンでもいいサイズの鱒たちを育んでくれる桂川。

ハンディの多いテンカラ釣りですが来年は桂本流の尺山女とマッチョなニジマスにチャレンジするって目標ができました。

ちなみに現実は厳しいと思いますけど・・・・









ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/727-18d6ac4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。