ナンピン

てんからFishing 毛鉤つりのすべて 山本素石編 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんからFishing 毛鉤つりのすべて 山本素石編

Amazonのマーケットプレイスで注文したテンカラ関係の絶版本2冊目は山本素石さん編集の「てんからFishing 毛鉤釣りのすべて」。

この本は販売時の定価の2倍ぐらいで販売されているので興味があったんですが手ごろな値段で販売されているのを発見したので購入。

ぼちぼち読んでいますので感想はまた後日・・・・


そういえば以前から一部のテンカラをやっている方がバイスにフックをはさむ際にアイをはさんで毛鉤を巻いているのを見て可笑しなことをしているなと思っていたんですが・・・・

写真をみたら素石さんもばっちりそうですね(笑)

まあ、ミッジを巻いたりするようなことは無いのでそれでも問題ないんでしょうね・・・・・


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

1. そういえばそうですね

私が見た写真は、コタツみたいな所で鉗子を使って巻いていたから、アイの方がしっかり掴めるのかな…と思ってました。

2012-08-24 04:40 | from アバロン | Edit

2. Re:そういえばそうですね

>アバロンさん

昔は鉗子とかやっとこですよね。
アイをはさんだ方が巻きやすいんでしょうね。

個人的には山本素石さんってつり人っていうよりもツチノコのおじさんなんです。
この最近著作が復刻されたりしてちょっと再度見直されて嬉しいですね。

2012-08-24 08:18 | from 吉茸 | Edit

3. 山本素石師

>吉茸さん

やけに著者が多かったですよね。

私、そんな文章にテンカラ同等に感化され、著者書は殆ど持ってました。

どうしても手に入れられなかったのは『西中国山地の山釣り』です。


再販されませんかね…。

2012-08-24 10:26 | from アバロン | Edit

4. Re:山本素石師

>アバロンさん
過疎化しつつある渓流釣りの世界ですが素石さんの再評価はこれからもあるんじゃないでしょうか・・・
過去の著作の再販あるといいですね・・・・

2012-08-26 22:37 | from 吉茸 | Edit

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/703-8239166e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。