ナンピン

キャッチアンドリリース - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチアンドリリース

世の中いろいろな考え方もあるけど個人的に釣りは遊び。

だから釣った魚はもう一度会える可能性があるのでできるだけリリースするようにしている。


そんな訳で釣りの対象魚は山女やチヌなど奇麗な魚が好き、そして釣趣のある釣りが好き。

実際生きている山女魚や岩魚をしばらく眺めたり、写真を撮るのは楽しいもんね。


もちろんキャッチアンドイートを否定するつもりは無いよ。

食べるために釣ってみたい魚もいるけど、そうなるとそれは「釣り」ではなくて「漁」になんだと思う。

もっともそんな風に考えるのは海を生活の生業としてきた血なのかもね・・・・


リリースするのは明日も俺を始め釣りが好きなみんなが海や川で楽しい釣りができるために。

魚がいなくなったら釣りで遊べないから。

「食って成仏」って軽々しく使って欲しくないよね・・・・


※自分で釣った魚を食べるのが好きって方で気分を悪くされた方がいたらゴメン。




ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

1. 無題

死んだオヤジが教えてくれたのだけど、人間ってのは他人との共有ってのを求めるモノらしいんだ。

 インターネットってのは、ある意味その為のツールだもんね。

 パパが釣った魚を持ち帰って、家族と楽しみを共有するってのも素晴らしいことだと思う。

 でも、僕も釣りそのものの楽しみや生きている魚との出会いが好きなわけで、その楽しみをいろんな人と共有できたらいいなーと思ってる。

 同世代の人とだけじゃなく、釣りを教えてくれた先人や、これから釣りを始める人たちとも。

 (綺麗な魚が好きな)茸ちゃんは面食いだな~

 知ってたけど。

 僕もだけど。

2012-04-13 15:26 | from シロ | Edit

2. Re:無題

>シロさん
「飲む、打つ、買う」を一通りやりつくして最後に行き着く遊びが釣りだと何かの本で読んだことがあるので自分も含めて釣り好きって業が深いかなとも思います(笑)

もちろんパパの釣ってきた魚を家族で美味しくいただくっていいと思います。
また釣りを通して出会った仲間は大切ですね。
そしてすばらしい釣りを次の世界へ引き継ぎたいですね・・・・

2012-04-15 02:47 | from 吉茸 | Edit

3. 無題

食べないのに 魚を痛い目にあわせる。
リリースすればいいってもんでもない」と思います。
私にはそんなひどい遊びはできません。
魚が声を出すことができたら・・悲鳴が聞こえます。

殆ど肉を食べず 自分で釣った魚が食卓に出ます。
そう 漁をしているのです。
漁は下賤でリリースは瀟洒な遊び そんなことはありません。

2012-04-17 15:46 | from yo1-chan | Edit

4. Re:無題

>yo1-chanさん
コメントありがとうございます。

魚にとってはリリースされても食べられても災難だと思いますよ。
親父の仕事が魚屋だったので、釣りなんてしなくてもいい環境で育ったんですが釣りは辞められないですね。
魚を釣るまでの騙し合いや掛けてからのやり取りは忘れられません。

もちろん時々美味しい魚が釣れればお持ち帰りすることもあります。
でも食べて美味い魚と釣って楽しい魚が自分の中ではほとんど一致しないので基本キャッチアンドリリースです。
首都圏のようにフィッシングプレッシャーが高いところは資源保護も大事だと思います•••

2012-04-19 12:54 | from 吉茸 | Edit

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/684-811acd9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。