ナンピン

ヤマメの適水勢 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマメの適水勢

釣りに行く時間がないのでその代わりと言ってはなんですが就寝前やちょっとした空き時間釣りの本を読んでいます。

そんな読書の中でこの最近興味をもって読み比べているのはヤマメやイワナの定位する流れの速度の話です。

ゼロ釣法で有名な伊藤稔さんは経験や検証から秒速30~35cmの流れの中にヤマメは定位することが多いと調べられたそうです。

いろいろな書籍やWebでこの秒速30~35cmの流れって見聞きしたことがあるのですがどうもイメージができない。

数字では理解できるけれど体験としては秒速35cmってどれくらいの早さなんでしょうね?

別の数字に置き換えてみることにしました。

分速なら35cm×60秒=2100cmということで分速21m

時速なら21m×60分=1260mと言うことで時速1.26km

人の歩くスピードがだいたい時速4~5kmぐらいなのでそうとうゆっくりとしたスピードの流れになりますね。

人の歩幅はだいたい0.9mなんですが11歩の距離を約15秒かけて歩くスピードです。

実際歩いてみると結構のろのろと歩く感じですね・・・・

渓流釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!―壁を破る超常識シリーズ)/白滝 治郎
¥998
Amazon.co.jp
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ

にほんブログ村
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

1. 数字で言われると…

やっぱりイメージ出来ないっすね(爆)



なんとなくこの流れなら流芯、これ位なら瀬脇…とかは解るのですが…(汗)



口で説明しにくい部分ですから、やっぱり数字になるのですかね(笑)


(^^;

2011-06-12 19:25 | from アバロン | Edit

2. Re:数字で言われると…

>アバロンさん
こんばんわ。
秒速と言われてもイメージできないですよね(笑)

ヤマメってどうしてもスマートな形をしているので速い流れに定位しているようにイメージしがちです。

伊藤さんはヤマメのたくさんいる地域にお住まいなのでいろいろと調べられたんでしょうね・・・・

2011-06-12 23:21 | from 吉茸 | Edit

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/646-bbca532a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。