ナンピン

フライの雑誌第92号 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライの雑誌第92号

この最近自分の懐を痛めて買う雑誌はフライの雑誌だけ。
第92号が発売されたので先日会社を早退して新宿のジュンク堂で購入しました。

トラウト系のフライフィッシャーの皆さんは特集の「ただ一本の竹竿」とかシマザキ・コイルがお目当てかと思います。
吉茸のお目当てはカブラー斉藤さんの「人生にタックル」と中馬さんの「悩まないフライマンたちへ」です。
このお二方の連絡を読むために毎回購入しています。

まあいつものことですが今回もカブラー斉藤さんは毒々しいというか日本人特有の恨みの籠もったというかマイナスベクトル思考の満載の釣行記でしたね。
個人的にはサバ皮を使ったフライはちょっと反則かな(笑)
IGFAのルールだと反則ですね・・・・
こんな事を書くとおまえも熊に食われろとか言われるかもね。

中馬さんの「毛鉤はカラーでは無く明度」って言うのはその通りだと思います。
鹿児島といえばミズイカのエギで有名ですがエギングブーム以前のエギって色の種類も少なかったですよね。
また昔からある漁労用の疑似餌も色の種類が最初から絞ってあります。
イカは魚類ではないですが人間とそれ以外の動物では色の識別というか見え方って異なるんでしょう。
そんなわけで吉茸も毛鉤は単純に白と黒の2色だけ。
でも中間色のイエローかベージュのボディの毛鉤を巻こうかなとも思っています。

フライの雑誌第92号はまたまだ読みかけですがお気に入りの連載の感想はこのぐらいにして・・・・
空いた時間にのんびりと続きを読むつもりです。

フライの雑誌 92(季刊春号)/著者不明
¥1,350
Amazon.co.jp

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

1. 無題

僕も暇な時はサンスイに行ってフライの本立ち読みしてます。
そのせいか最近毛鉤がフライになってきました(;^_^A
特にアリに凝ってますw
でも結局使うのは普通の毛鉤なんですよね・・・

2011-04-04 12:03 | from テンカラ王子 | Edit

2. Re:無題

>テンカラ王子さん
こんばんわ。
テンカラじゃなくてフライになってきましたか(笑)
あれこれ試してみたり作ってみるのはいいと思いますよ。
アリ毛鉤ってイワナに効きそうですね!

2011-04-05 02:22 | from 吉茸 | Edit

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/633-254ba426

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。