ナンピン

最先端の渓流釣り '11 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最先端の渓流釣り '11

磯釣り秘伝を出している海悠出版が毎年出版している渓流釣りのムックです。
今年はテンカラ釣りの記事はありませんが参考になることが多いのでここ1、2年は購入しています。
つり人社の「渓流」が源流志向なら、こちらの最先端の渓流釣りは本流から渓流をメインのターゲット。
個人的にはこちらの方が好きです。
できたらテンカラも取り上げて欲しいですね。

内容ですが磯釣り秘伝を出しているのでテクニカル系の特集は上手くまとめてあります。
「オモリ使いの悩みに答える」という特集は面白かったですね。
どの釣りでもオモリ選びって難しいんだろうなと思います。
その点、テンカラは基本的に探れるレンジが表層(サーフェース)と表層直下(サブサーフェース)なので楽ちんです。

吉茸は基本テンカラ釣り一本です。
でも機会があれば渓流の餌釣りもやってみましょうかなと読み終わって思いました。
渓流竿は海でも結構活躍するので自宅に一本必要ですしね。
それと桂川の桂川漁協地域で尺上の山女魚を釣っている記事を見て今年も年券買おうかと思いましたね。
環境は・・・なんですがあのサイズは魅力的です(笑)
それもテンカラで釣りたいですね・・・・

最先端の渓流釣り ’11 (2011) (BIG1 157)
1600円+税

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

1. 私は

一時期餌と毛鉤を併用していました。


そのうち餌釣りはヤブ沢の『ちょうちん釣り』だけになってしまいました…(汗)


毛鉤が伸び伸び振れる渓ではテンカラが一番楽しく思えて来たので…。


海ののべ竿釣りと言えばメバルやウミタナゴなどが楽しそうですね♪

2011-01-29 17:26 | from アバロン | Edit

2. 無題

コメントは思い付きと直感で皆さん書いて下さりありがたく思っておりますが、過去に起きた史実に基づいた意見に対してどうのと言うなら専門的な事を釣り雑誌を熱中して読むように市町村ないし都道府県の考古学書物を一度閲覧なさって日本はどのような変遷を経て成り立っているのかを承知した上で書き込んで下さるようお願い申し上げます。



縄文時代晩期から始まる混沌の縄文時代はどれくらい続いたかを、そして大和政権成立後も全国を統一できてないことぐらい把握していて農耕民族と書いているの?

2011-01-29 21:44 | from 来馬人 | Edit

3. Re:私は

>アバロンさん
提灯テンカラもあるみたいですね・・・・
でも魚のいる場所を想像して毛鉤を打って行くテンカラが楽しいですね。

今年もウミタナゴを釣りに行くと思います。
タナゴを釣ると春を感じます・・・・

2011-01-30 01:31 | from 吉茸 | Edit

4. Re:無題

>来馬人さん
下関生まれなので小さい頃から歴史好きです。
身近なところに古代から近代までの歴史遺産が残っているので日本の歴史のおおよその流れは把握しているつもりですよ・・・・


2011-01-30 01:52 | from 吉茸 | Edit

5. 無題

11年度版もう出てるんですね!!渓流餌釣りの雑誌の中で、一番内容があるように感じます。
ありがとうございます早速買いに行ってみます(^^)

2011-02-03 16:10 | from 岡山の渓師 | Edit

6. Re:無題

>岡山の渓師さん
先日本屋さんに行ったところ店頭に並んでいましたよ。
この時期渓流関係の書籍が販売されますが最先端の渓流釣りシリーズが一番テクニカル系の記事が充実していますよね。
参考になる記事があるといいですね!

2011-02-04 00:15 | from 吉茸 | Edit

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/599-7b065c20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。