ナンピン

ワシントン条約 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントン条約

なんだか大西洋産のクロマグロがワシントン条約で保護されて国際取引できなくなりそうな勢いです。
乱獲で資源量が減ったそうだとの話しですが本当のところはどうなんでしょうね?
世界中からたくさんのマグロを集めて消費しているのが日本です。
昔は下魚としてあまり上等な扱いを受けていなかったそうですが今では超高級魚ですね。
時代も変われば味覚も変わるんでしょう・・・・
太平洋産クロマグロだけになると他の種類も含めてマグロの値段が高くなりそうですね。
鮮魚で入ってくるマグロなんて縁の無い生活ないので困りはしませんがお寿司屋さんに行くと寂しい思いをすることになりそうですね(笑)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

1. 無題

この問題に関して、カメラマンの浅井慎平さんがまったく違う視点からコメントをしていて、ほ~っと思いました。
曰く「マグロは食べるものじゃなくて、つまむもの。ばかばか食べるものじゃない。」
外国からの漁獲制限に対しては、愛国心に燃え、許せんなんて思っていましたが、本当に資源の枯渇が心配されるなら、マグロとのかかわり方も考えないといけないのかなぁ、と思いました。

そういえば、アマゴでもイワナでも
本当は食べたいのにリリースしている自分・・・・。
これも変と言えば変ですが、
在来渓魚を守るためには仕方ないですよね。

2010-03-17 08:59 | from 花立毛鈎工房 | Edit

2. 本マグロ

和歌山県では近大などが本マグロの完全養殖に成功していますが、天然物の値が上がれば商用ベースに乗るでしょうね!
マグロに限らず、少しぐらいは値が上がった方が有り難味も感じるかも知れませんし!!

2010-03-17 20:34 | from 先任伍長 | Edit

3. 花立毛鈎工房さん

太平洋のマグロは対象外なのでまったくクロマグロが食べられなくなる訳じゃないそうですよ・・・・
マスメディアでは大騒ぎしていますが多少規制も仕方ないんじゃないかと思います。

花立毛鈎工房さんはアマゴやイワナを食べるのも好きなんですね。
たまには食べてもいいんじゃないですか・・・・


2010-03-18 00:00 | from 吉茸 | Edit

4. 先任伍長さん

こんばんわ。
マグロ養殖用の飼料を開発した地元の林兼産業の株が3月に入ってからあがっているようです。
この機会に養殖も実用化されそうですね・・・・

2010-03-18 00:16 | from 吉茸 | Edit

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/441-5d1199f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。