ナンピン

2月7日 うらたんざわ渓流釣り場 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月7日 うらたんざわ渓流釣り場

最低気温は氷点下という天気予報の中解禁前の腕慣らしにうらたんざわ渓流釣り場へ行ってきました。
調布インターから中央道にのって相模湖東インターで降りてしばらく進むと雪国かと見まがうような景色が出現。
道志道からうらたんまでの道はあちこち凍結してました。
俺の車はノーマルタイヤなので時速20キロ以下に落として慎重に運転しながらなんとかうらたんへ到着。
ひと安心してささっと準備をして釣りをはじめようと思って車を駐車しようとしたらおもいっきり積雪でスタックしてしまいました。
周りの方が手助けのため親切に声をかけてくださったのですが、なんとか自力で脱出!!
声をかけてくださった方どうもありがとうございました。

そんな感じで到着後30分以上雪と格闘した後で実釣開始。
時間は13時前って時間になっていました。
今回はいくつか試してみたい事があったのでいくつかテストを行いつつ、毛鉤を打ってみます。
けれども虹鱒もヤマメも底から全然動いてくれません、毛鉤にはほとんど無反応。
天候的にも毛鉤には厳しい時期なのですが、気温は日が当たるところでも6度程度、渇水気味の川には雪解け水が流れ込んでいるので低活性なのはどうしようも無いところです。
低活性な上に今日は風が強くて毛鉤がなかなか思ったところに入ってくれませんし、テスト用のラインも見えずらくてストレスが溜まるばかり。

そのうち魚は上を向いてくれなんですが、ルアーならヒットしそうなポイントを見つけて15時過ぎからロッドを鱒レンジャーにチェンジ。
16時までそこそこのサイズの虹鱒と遊んでもらいました。
1時間弱で5匹ぐらい立て続けにヒット!!
結構いいサイズばかりでドラッグが鳴りっぱでしたがなんとかタモや岸に寄せることができました。
途中までボウズかと思っていたのでなんとかホッと出来ましたね。
ちょっと早いんですがまた雪に嵌ると困るのでまだ明るい16時過ぎにささっとうらたんを後にしました。
でも、毛鉤で釣りたかったな・・・・

晴れ、そして時々釣り人・・・・-Image385.jpg

晴れ、そして時々釣り人・・・・

晴れ、そして時々釣り人・・・・






ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/427-46186580

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。