ナンピン

11月1日 東京トラウトカントリー(毛鉤(フライ)フリークの集い) - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月1日 東京トラウトカントリー(毛鉤(フライ)フリークの集い)

今日は老眼毛鉤の倉上さんのイベントに参加してきました。
週末2日間にわたって開催されるイベントですが俺は後半の日曜日だけ参加。
講師はテンカラ大王石垣先生、フライの佐藤成史さん、トラウトカントリーの堀江さん、主催の倉上さんの豪華メンバーです・・・・

当日は自宅を7時前に出発、現地には8時半過ぎに到着。
受付だけささっと済ませ、そのまま川へ。
ここは日原川の本流が階段状に流れる俺のようなヘタっぴには中々難しい管理釣り場であります。
イベントが始めるまで1時間、管理棟より下流へ釣り下りますが中々魚は出てきてくれません。
ぼちぼち管理棟に帰らないと行けない時間になってやっとこさニジマスがヒット。
手元に寄せてきたところでボチャっとそのままオートリリース(笑)

イベント開始後は講師のみなさんの挨拶などがあり、実釣デモは堀江さんでは無く、Yさんと言うトラウトカントリきってのテンカラの名手の実演、および毛鉤のタイイングを拝見させてもらいました。
その後、各自ポイントにばらけて実釣り再開。
俺の最初の1匹は流れに乗せたクラウザーミノー(笑)
この毛鉤、中々イイ泳ぎをしてくれてニジマスにも結構効くようです。

釣り以外にも以前お会いした方と話を久しぶりに話をしたり、他の方の釣りを眺めて勉強させてもらったりなかなか充実した時間でした。
この管理釣り場にはメイフライというしゃれた名前の食堂?・レストランが併設されているのですが美味しいビーフシチューを昼ご飯に食べてお腹の方も満足でしたね。
イベントは14時過ぎの閉会でしたがみなさんそれまで楽しんでいらっしゃったようです。

で、俺は言いますと、閉会式後も16時過ぎまでなかなか釣れない魚と遊んできました。
最後にはイワナが毛鉤を咥えてくれてとても楽しい一日を過ごしてきました。
奥多摩までなかなか足が向かないのですが解禁まで時間があればお邪魔しようと思っています・・・・


晴れ、そして時々釣り人・・・・


晴れ、そして時々釣り人・・・・


晴れ、そして時々釣り人・・・・


晴れ、そして時々釣り人・・・・

晴れ、そして時々釣り人・・・・





ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

1. 実は

 その教室の初日が行われていていた時に、たまたま東京トラウトカントリー(初)に行っておりました。

 親子でテンカラしている二人に源流行きましょうと誘いながら、混雑しているので、釣りは少し諦め、のんびり過ごしました。

 お子さんにはテンカラを指南されました(^o^)

2009-11-03 19:22 | from のぶじい | Edit

2. のぶじいさん

こんばんわ。
二日間通しで参加したらお会いできたんですね‥‥
2日目も結構沢山の人が攻めていたので中々厳しい一日でした。
虹鱒、岩魚と釣れたので、最後にヤマメが釣れれば良かったんですがなかなか厳しいですね(笑)

2009-11-03 23:26 | from 吉茸 | Edit

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/374-8c172fec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。