ナンピン

テンカラ毛鉤 その4 - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンカラ毛鉤 その4

その2でもすでに紹介した逆さ毛鉤ですが、今回はチヌ鉤タイプを紹介します。

上がヘンフェザントの胸毛を使ったタイプです。
前回紹介したタイプのフックをチヌ鉤に変更したものになります。
下は普通のコックハックルでクジャク胴です。
夏ですので陸生昆虫をちょっとイメージして巻いてみました。

重たい針を使う理由は、逆さ毛鉤をクロスからダウンストリームに投げて毛鉤を操作する際に気持ち早く毛鉤を沈めたいためです。
またアップストリームに投げた場合でも早く沈むので魚へのアピールもいいようですね・・・・

フックの色ですが、個人的には海のふかせ釣りでメイタ(カイズ)や木っ端クロ(グレ)を釣る場合は銀色を使うことが多いんですがヤマメやニジマスには金色のフックがアピールするようです。
ただ、東京の釣り具屋さんでは管付きチヌの金色なかなか無いので探すのが大変なんですけどね(笑)

晴れ、そして時々釣り人・・・・

フック:ちぬ鉤1~3号
ハックル:上の毛鉤はヘンフェザントの胸毛、下の毛鉤はコックハックル
ボディ:上の毛鉤は100均のミシン糸、下の毛鉤はピーコック

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/302-f406d6c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。