ナンピン

バリ(アイゴ)の煮付け - 吉茸の釣り日記 | てんから(Tenkara)、小物釣り、ソルトルアーの釣行記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ(アイゴ)の煮付け

8月1日の釣行で釣ったバリですが美味しくいただくことにしました。
ひれのトゲに毒があったり、磯臭いと結構敬遠されがちなバリですが地域によっては「アイゴの皿ねぶり」と言われるほど好まれているそうです。

晴れ、そして時々釣り人・・・・

そこでまず煮付けを作ってみました。

まずバリの頭を取ってはらわたを抜いておきます。
さばいてみるとお腹の中に米ヌカのマキエがパンパンに入っています笑)
この際の注意点ははらわたを綺麗に抜くこと。
はらわたをつぶすとにおいが身にも写ってしまいます・・・・
鍋に醤油、みりん、砂糖、酒を入れ軽く沸騰させ、その中に臭い消しのためにショウガの薄切りと頭と腹を抜いたバリを入れてしばらく煮るとできあがり。

できあがった煮付けを食べてみると、身離れもいい淡泊な白身が甘辛い出汁とよくあって中々美味しいですね。
「アイゴの皿ねぶり」と言われたのもわかるような気がしました。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fishingyoshikinoko.blog.fc2.com/tb.php/282-f94a788d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。